ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

血液搬送装置

 

屋外での血液製剤の搬送に対応した血液搬送装置です。

病院などの施設内での血液製剤の搬送に限定した血液搬送装置です。


血液搬送装置とは

血液製剤の搬送には厳密な温度管理が必要とされ、精密な温度維持のほか長時間の温度記録も必要となります。
当社は、世界トップレベルの電子冷却技術と、新たに開発した定温温調技術を元に、薬事法に準拠して高精度に温度管理のできる小型軽量の血液搬送装置ATR700を開発しました。
人手や車、船、飛行機などの多様な搬送手段が使え、過酷な外気環境温度に対しても血液製剤の品質を安定に維持できる搬送を可能としました。
また、病院内で輸血管理部署と手術室間の血液搬送管理に対応した血液搬送装置ATR705も開発しました。
現在、日本赤十字社殿によるATR700を使用した小笠原諸島への血液製剤搬送が2014年4月より試験運用されております。

特長

  • 新設計の高信頼性電子冷却システム採用
  • 外気-10℃~+35℃環境で庫内温度を4℃±2℃に高精密温調
  • 外気温度変化に強い電子冷却制御システム採用
  • 小型・軽量・コンパクトです。
  • 標準電池で7時間の動作可能(最長14時間) ※1
  • ATR本体に標準電池の充電機能がついています。充電時間約8~10時間
  • 専用ソフトで、記録データをPC管理できます
  • カーインバータ(カーアダプター)使用で長時間の車搬送が可能 ※2
  • 外部電源接続で長期間の冷蔵運転ができます
  • 航空機モードボタンで航空機に積載も可能です ※2
  • ※1 周囲環境温度25℃ (ATR700のみ電池2個使用時)
  • ※2 ATR700のみ

性能

■環境性能

外気条件が急激に変化しても、庫内温度を安定に維持できます。
左図は、外気が25℃から35℃⇒-10℃⇒25℃と変化した時の庫内温度を示したものです。
どのような条件下でも、庫内温度を安定して庫内温度を維持できます。

■搬送性能

左図は、実際に血液製剤を小笠原村までATR700で搬送した記録です。
人手から車、船を使って、長距離搬送を21日間行った時のデータです。
21日間、庫内温度は安定して維持されています。(日本赤十字社殿よりのご提供データ)

■収納

ATR700/ATR705には、赤血球製剤RBC-LR2が5パック(10単位)収納できます。

■記録と確認

ATR700/ATR705は庫内温度、記録時間、フタ開閉などのイベントを記録できます。
液晶画面で、搬送中、温度記録データやアラームを確認できます。
異常が発生する前に、画面やブザーでアラームを発します。

■記録管理

ATR700/ATR705に記録された温度などのデータをPCにて読出管理できます。
専用ソフト”ATS TOOL”を使用し、データをエクセルやPDF等にして、保管・編集・管理できます。

お問い合わせ

この製品のお問い合わせは、富士フイルム富山化学株式会社で承っております。お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルム富山化学株式会社 03-3648-3220 受付時間9:00~17:40
(土曜・日曜・祝日除く)
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る