ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

電子冷却とは

 

電子冷却は、熱電半導体と呼ばれる半導体の素子に直流電流を流すことで、冷熱(温度差)を発生させる技術です。冷媒を使用しないことからソリッドヒートポンプとも呼ばれ、ノンフロン冷却技術として注目されています。 原理は古く発見者の名前を取ってペルチェ素子とも言われます。(ジャン・シャルル・ペルティエ -仏-1834年)

電子冷却のしくみ

下図のように、熱電半導体と呼ばれるp型とn型の半導体を電極で直列に接続し、直流電流を流すと、接合界面の片側で吸熱が反対側で発熱が起こります。この現象をペルチェ効果といいます。 発熱部から熱を放熱すると吸熱側から熱を連続的に移動できるため、吸熱側が冷却されます。流れる電気の量で吸熱量が変化する為、電流で冷却側の温度を精密に制御できます。また、電気を流す向きを逆にすると、加温の制御が簡単にできます。

電子冷却は、フロンガスなどの冷媒を使用しない完全ノンフロン冷却技術として注目されていますが、それ以外にもコンプレッサー式の冷却方式にはない特長があります。その特長を活用することで、コンプレッサーではできなかった商品を作ることも可能となります。

(※素子の両側に温度差をつけた時に、素子を還流した熱量に応じて電力が発生します、この現象は、発見者の名を取ってゼーベック効果と呼ばれ、この目的で使用する場合、熱電発電素子と呼びます。低温排熱からの電力回収の方法として検討されています。)

電子冷却ユニット

電子冷却素子は機械強度が弱いため、冷却加温の動作そのもので生じるストレスや衝撃で簡単に壊れてしまいます。また、冷却素子単体では製品組み込み時に偏荷重や衝撃で壊してしまうこともあります。当社は独自の技術で、機械強度が高く、壊れにくい電子冷却ユニット(PAT取得済み)を開発しました。 用途に合わせて最適化した冷却ユニットを使用して高性能・高信頼性の応用製品を開発いたします。

  • ① 高信頼性の冷却ユニットです。冷蔵庫動作として70,000時間以上を達成しています。
  • ②装置組み付け時の故障がありません。
  • ③応用製品毎に性能を最適化した冷却ユニットを設計いたします。
  • ④半導体性能は世界最高レベルのペルチェ素子を使用しています。

当社の電子冷却技術の特長

電子冷却は、製品に応用する場合、電流と熱流の最適設計を行わないと適正な性能を活用できず、性能・コスト・信頼性の低い製品となってしまいます。

当社は長年培ってきた最適設計ノウハウで、高性能、高効率で省エネな、特長ある製品を開発いたします。

お問い合わせ

この製品のお問い合わせは、富士フイルム富山化学株式会社で承っております。お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルム富山化学株式会社 03-3648-3220 受付時間9:00~17:40
(土曜・日曜・祝日除く)
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る