ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します

サノレックス錠0.5mg

 

基本情報

画像

薬品名 サノレックス錠0.5mg
承認年月 1992年7月3日

効能・効果

あらかじめ適用した食事療法及び運動療法の効果が不十分な高度肥満症(肥満度が+70%以上又はBMIが35以上)における食事療法及び運動療法の補助

<効能・効果に関連する使用上の注意>

(1)肥満症治療の基本である食事療法及び運動療法をあらかじめ適用し、その効果が不十分な高度肥満症患者にのみ、本剤の使用を考慮すること。

(2)本剤は肥満度が+70%以上又はBMIが35以上の高度肥満症であることを確認した上で適用を考慮すること。

肥満度(%)=(実体重-標準体重)/標準体重×100

BMI(Body Mass Index)=体重(kg)/身長(m)²

(3)内分泌性肥満、遺伝性肥満、視床下部性肥満等の症候性(二次性)肥満患者においては、原疾患の治療を優先させること。

用法・用量

本剤は肥満度が+70%以上又はBMIが35以上の高度肥満症患者に対して、食事療法及び運動療法の補助療法として用いる。
通常、成人には、マジンドールとして0.5mg(1錠)を1日1回昼食前に経口投与する。1日最高投与量はマジンドールとして1.5mg(3錠)までとし、2~3回に分けて食前に経口投与するが、できる限り最小有効量を用いること。
投与期間はできる限り短期間とし、3ヵ月を限度とする。なお、1ヵ月以内に効果のみられない場合は投与を中止すること。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

(1)食事量、体重の推移、食生活等に留意の上、常に投与継続の可否、投与量について注意すること。

(2)本剤は、睡眠障害を引き起こすことがあるので夕刻の投与は避けること。

組成・性状

品名 サノレックス錠0.5mg
成分・含量 1錠中マジンドール0.5mg
添 加 物 ステアリン酸マグネシウム、
ポビドン、トウモロコシデンプン、
部分アルファー化デンプン、乳糖
色調・剤形 白色の素錠
外形 画像
識別コード LG
サ イ ズ 直径:5.0mm 厚さ:2.0mm 重量:0.055g

各種コード

薬価基準収載医薬品コード 1190008F1020
レセプト電算処理コード 611190062
HOTコード 1016284030101
JANコード 4987473602541
GS1コード 調剤包装単位コード 04987473612540
販売包装単位コード 14987473602548
元梱包装単位コード 24987473602545

お問い合わせについて

製品のお問い合わせは、富士フイルム富山化学(株)で承っております。電話またはWeb(お問い合わせフォーム)より、お問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルム富山化学株式会社 製品情報センター
フリーダイヤル : 0120-502-620
受付時間:9:00~17:40(土曜・日曜・祝日除く)
※フリーダイヤルをご利用いただけない場合は
03-5250-2620 へお掛け直しください。
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム

サノレックス紹介動画を見る

お問い合わせ

この製品のお問い合わせは、富士フイルム富山化学株式会社で承っております。お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ
富士フイルム富山化学株式会社 製品情報センター 0120-502-620 受付時間9:00~17:40
(土曜・日曜・祝日除く)

※フリーダイヤルをご利用いただけない場合は、03-5250-2620 へお掛け直しください。
ウェブでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム


ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る