ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します


ここからサイト内共通メニューです
サイト内共通メニューをスキップしてサイトの現在地表示へ移動します

サイトの現在地を表示します
サイトの現在地表示をスキップして本文へ移動します


沿革・歴史

 

富士フイルム富山化学株式会社

2018年 富士フイルムRIファーマ株式会社と富山化学工業株式会社を統合し、社名を富士フイルム富山化学株式会社に変更。

沿革(旧富士フイルムRIファーマ株式会社)

1968年 第一製薬グループと米国マリンクロット社の合弁会社として設立。翌年営業開始。
1971年 西独、台湾、沖縄へ輸出開始。
1972年 ウルトラテクネカウ国産化開始、ホットセル設置。
1973年 ウルトラテクネカウ 承認。
1974年 本社を東京都中央区日本橋の徳力ビルに移転。
1978年 千葉工場竣工。
塩化タリウム-Tl 201注射液 承認。
1984年 サイクロトロン1号機設置。
1988年 マリンクロット社との合弁解消、100%第一製薬グループとなる。
1990年 放射線安全管理において科学技術庁長官賞受賞。(千葉工場)
1991年 サイクロトロン2号機設置。
1992年 本社を東京都中央区京橋の内田洋行京橋ビルに移転。
1993年 カーディオライト注射液 第一 承認。
カーディオライト第一 承認。
1995年 緑化優良工場として関東通商産業局長賞受賞。(千葉工場)
2000年 (株)テイエフビー社へ体外診断薬販売委託開始。
2002年 イオフェタミン(123I)注射液「第一」 承認。
2004年 (株)テイエフビー社へ体外診断薬事業譲渡。
2005年 新生産棟10号館竣工、サイクロトロン3号機設置。
2006年 10月第一製薬(株)より富士フイルム(株)へ全株式譲渡。
100%富士フイルムグループとなる。
2007年 富士フイルムRIファーマ株式会社に社名変更。
2008年 ゼヴァリン®インジウム(111In)静注用セット 承認。
ゼヴァリン®イットリウム(90Y)静注用セット 承認。
2010年 リゾビスト®注をバイエル薬品(株)より承継し販売元となる。[製造販売元(輸入):アイロム製薬(株)]
イオプロミド注「FRI」 承認。
本社を東京都中央区京橋の兼松ビルディングに移転。
2015年 アデノシン負荷用静注60mgシリンジ「FRI」 承認。
オクトレオスキャン®静注用セット 承認。
2016年 川崎PETラボ 開設。
茨木PETラボ 開設。
アミヴィッド®静注 承認。
2017年 フルデオキシグルコース(18F)静注「FRI」 承認。

沿革(旧富山化学工業株式会社)

1936年 富山化学工業株式会社を設立。富山化学研究所の事業を継承する。
1961年 本社を富山市から東京都中央区日本橋に移転。
東京・大阪証券取引所市場第2部に上場。
1970年 綜合研究所竣工。
1971年 注射製剤工場竣工。
1972年 東京・大阪証券取引所市場第2部より第1部へ指定替え。
製剤工場第1期竣工。
1975年 第二研究所竣工。
製剤工場第2期竣工。
1978年 本社を東京都新宿区に移転。
1979年 合成ペニシリン製剤「ペントシリン」承認。
1980年 第三研究所竣工。
1981年 消化管運動機能賦活剤「アボビス」承認。
1982年 持続性抗炎症・鎮痛剤「バキソカプセル」承認。
1985年 第五研究所竣工。
1986年 経皮用抗炎症・鎮痛剤「バキソ軟膏」承認。
1987年 経口用セフェム系抗生物質製剤「トミロン」承認。
1988年 持続性抗炎症・鎮痛剤「バキソ坐剤」承認。
1989年 第一研究所竣工。
1990年 広範囲経口抗菌製剤「オゼックス」承認。
経口用セフェム系抗生物質製剤「トミロン細粒」承認。
1998年 内服製剤工場竣工。
1999年 ループ利尿剤「ルプラック錠」発売。
2002年 セフェム系抗生物質「ハロスポア静注用」発売。
大正製薬との戦略的な資本および業務提携の締結。
国産初の注射用ニューキノロン系抗菌製剤「パシル点滴静注液」承認。
大正富山医薬品株式会社設立。
合成ペニシリン製剤「ペントシリン静注用バッグ」承認。
2006年 ニューキノロン系合成抗菌点眼剤「オゼックス点眼液0.3%」承認。
第六研究所竣工。
2007年 キノロン系経口合成抗菌剤「ジェニナック錠200mg」承認。
2008年 富士フイルムおよび大正製薬との戦略的資本・業務提携の基本合意。
東京証券取引所より上場廃止。
β-ラクタマーゼ阻害剤配合注射用抗生物質「ゾシン静注用」承認。
2009年 ニューキノロン系経口抗菌製剤「オゼックス細粒小児用15%」承認。
2012年 第七研究所竣工。
抗リウマチ剤「コルベット錠」承認。
2013年 注射製剤工場竣工。
2014年 バッグ製剤工場竣工。
抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠200mg」承認。
「ゾシン配合点滴静注用バッグ」承認。
2018年 抗リウマチ剤「コルベット錠」日本におけるエーザイによる製造販売承認の承継ならびにエーザイへの販売移管の実施。
富士フイルムの100%子会社化となる。

ここからフッターです

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る